お金を借りたい

はじめてキャッシングするときの注意点とコツ

はじめて借金つまりキャッシングをしたいときには、色々な申込み方法があることを知っておく必要があります。
店舗であったりあるいは無人契約機などでも申し込みが行えることはもちろんのこと、
さらに事前にインターネットを通じて仮審査を申し込むことも可能です。

 

この申し込みでは注意が必要で、複数申込みを行う場合は、それだけ審査が厳しくなります。
ましてや1カ所でも審査に落ちることになると、
他の申込先でもなぜ審査に落ちたのかが気になるということで、
連鎖的に審査に落ちる可能性が高くなってしまいます。

 

申し込みをしたことについても一応信用情報となり、
関係する信用情報機関に数ヶ月は掲載されてしまいます。
したがって、複数への申し込みでは時間をおいて申し込みを行うのがよいでしょう。

 

なお、在籍確認は行う場合もあれば行わない場合もあります。
申込者が学生や主婦の場合は、
在籍確認のしようがありませんので、そもそも出来ないということです。

 

その他、必要書類については、銀行系のカードローンを除くほとんどの場合で
所得証明を持参するように言われるケースが多々見受けられます。

 

これにより総量規制にかかるかどうかのチェックを行うことが
貸し付ける側に義務付けられていることは、知っておいて損はありません。

 

郵送物でのやり取りは原則なく、
また審査時間は仮審査があった場合となかった場合とで若干異なってきます。

 

計画的に利用することの大切さ

 

ブランド物

きっかけは友達が欲しいブランドものをカードのキャッシングで
お金をおろして買っているのを見たことがすべての始まりでした。
ちょっと足りない分を少しの間だけ借りる、そんな単純なことのように思えました。
その友達から分割払いも教えてもらい、アルバイトで稼ぐお金だけでも
分割にすれば高いブランドものも買える、と安易な気持ちで始めたのです。

 

最初はそれで何とかやりくり出来ていました。
アルバイトで稼げる金額はそれほどの額ではありませんでしたが、
欲しいものが買えるこのシステムに魅了されていました。

 

だんだん額が大きくなり、分割にしても月々の支払い額が大きくなり、
あまりアルバイトをしなかった時に別のカードからキャッシングする、
という自転車操業も気軽なその場しのぎで手をつけました。

 

それが2枚目のカードとなり、3枚目、4枚目とどんどん増え、
最終的には6枚くらいで借りては返し、の自転車操業もどうしたら良いのかわからない状態になっていました。

 

お金に関する感覚がおかしくなっていたのだと思います。
エステなどのローンもこんな自転車操業をやっていた時期に組んでしまいました。
借金は気が付いたら400万以上になっていました。
借りて返した分も含めたら一体いくら使ったのか?もう自分でも全く把握出来ていなかったのです。

 

親にも相談出来ず、どうしたら良いのだろう、と途方に暮れていた時に目にしたのは
「おまとめローン」というものでした。

 

もうどのカードでいつ返済するのか、どうして良いのかわからない状態。
まとめてしまえば自分の借金額が分かる、と借金をまとめてみたときに、自分の借金の額にびっくりしました。
あちこちから借りているのは理解していましたが、それがこれほどの額とは思わなかったのです。

 

ローンが承認されて毎月5万円ずつ返済していくことにしました。
自分の借金額が減っていくのが目に見えて分かったので、返済しよう!という気持ちも大きくなり、
自分に無理のない範囲ですが7万円、10万円と
多く返せる月は少しでも多く返済するように心がけて頑張りました。

 

その結果、6年かけて返済する予定が4年ほどで完済することが出来ました。
あの時にローンでまとめようとしてなかったら、と思うとぞっとします。

 

お金を借りることが悪いとは思いませんが、
それは自分でしっかり把握できないと恐ろしいことになるのだな、と学びました。
ご利用は計画的に、とよく言いますが、本当にそれは大事なことだと実感しました。